ポーカーチップが描かれたハリウッド映画6選

映画を鑑賞している際に、ポーカーチップが登場するのを見たことはありませんか?おそらく、カジノのポーカーシーンで勝負が決まった時に、チップを見たことがある人が多いかと思います。映画の中では、ポーカーチップはアクセサリーのようなもので、ギャンブルを描いた映画でよく登場します。

ただし、ハリウッド映画でのギャンブルの見せ方は、あまり良いものではありません。映画監督やプロデューサーは、ギャンブルをテーマにする際には面白い手法を使います。

たいてい、どのジャンルでもギャンブルをテーマに映画を作ることはできますが、アクションやドラマ映画であれば、よりリアルに見えるでしょう。本記事では、ポーカーチップをうまく使って描かれた映画を6作品ご紹介します。

  •         『みんな私に恋をする』 – クリスティン・ベルとジョシュ・デュアメル主演のロマンチックコメディ映画。二人が演じたベスとニックは、最終的はお互いに恋に落ちました。ハッピーエンドに終わったのは、ベスが噴水に投げ入れたポーカーチップのおかげではありませんでしたが、実は、このポーカーチップは、映画の中でとても重要な役割を果たしているのです。劇中にカジノのシーンはありませんでしたが、ポーカーチップを使って真実の愛を願うというのは、粋なアイデアですよね。同作品は2010年に公開され、監督はマーク・スティーヴン・ジョンソンが務めました。

  •        『マーヴェリック』 – 名優メル・ギブソン、ジョディ・フォスター、ジェームズ・ガーナーを起用したこの映画は、リチャード・ドナー監督の名作です。ロイ・ハギンズとウィリアム・ゴールドマンが、ポーカープレイヤーであるブレット・マーベリックの物語を見事に描き上げました。同作品はテレビシリーズとしても放映されました。
  •        『ハイローラー:ステュ・アンガー・ストーリー』(原題High Roller: The Stu Ungar Story) – 10歳の頃にギャンブラーとなったステューイ・アンガーという、ポーカー界の伝説的人物の生涯を描いたもの。伝記映画の最高傑作の一つであり、ギャンブラーの人生における運と現実を描いています。カードゲームで何百万ドルも獲得した、才能あるポーカープレイヤーについてのノンフィクション物語ですが、その一方で、家族との別れや資産管理の失敗など、ギャンブラーとしての現実的な側面も描かれています。結局のところ、ギャンブラーの人生は、不満と空虚でできていると訴えかけているのです。
  •        『ラッキー・ユー』 –  エリック・バナ、ドリュー・バリモア、ロバート・デュバル主演の2007年公開映画。個人的な悩みと戦いながらも、大会で優勝を目指すポーカープレイヤーを描いています。

  •      『ラウンダーズ』 – マット・デイモン、エドワード・ノートン、グレッチェン・モル主演で1998年に公開された犯罪ドラマ作品です。マット・デイモンが更生した青年ギャンブラーを演じています。彼は法学部の学生ですが、経済的な問題を抱える友人のために、ポーカーで大勝負に挑むことになるのでした…。
  •       『オーシャンズ11』 – ジョージ・クルーニー主演の同作品は、世界的な大ヒットを記録しました。あらすじは、ある犯罪者チームがラスベガスの3大カジノの強盗を計画するというもの。美しくエレガントな女優ジュリア・ロバーツも出演しているほか、俳優マット・デイモンも共犯者の一人として出演し、自分の価値を証明しようとする、問題を抱えた青年を演じています。同作品の監督を務めたジョン・ダールは、カジノ業界とギャンブルの世界を描いた見事な作品を作り上げました。
Liked Liked